お知らせ


2020/04/06: PHITS ver.3.20のRIST登録と更新パッチファイル公開
最新版PHITS (version 3.20)を確定し、RIST原子力コードセンターに登録するとともに、更新用パッチファイルをリリースしました。
アップデートの対象となるのは,PHITS3.10(もしくはそれ以降のversin)をお持ちの方です。アップデートはインターネットを介して行い,その具体的な方法は,PHITSメーリングリストにてアナウンスいたします。
PHITS3.10以降をお持ちの方でメーリングリストにまだ登録していない方は,この機会に連絡・質問ページからご登録お願いいたします。

今回のversionでは、様々な新機能を導入しています。主な更新点は,以下の通りです。
・阻止能読込機能の導入
・繰り返し核反応機能[Repeated Collisions]の開発
・Xorshift64方式に基づく新しい疑似乱数生成法の導入
・陽子及び炭素イオンに対する飛跡構造解析モードの開発
・パラメータ自動変更による分散分析機能の開発
・光子によるミューオン対生成反応モデルの実装
・DCHAINの高度化とライブラリの拡充
・電場マップ読込機能の導入
・[frag data]に群データで断面積を与える機能を追加
・飛跡構造解析モードとユーザー定義タリーを組み合わせたDNA損傷推定モデルの開発
・面線源(s-type=26)の導入
・統計誤差のバッチ変化を可視化する機能の導入
・マルチソース毎にカウンターを設定する機能を追加
・[t-dchain]で核変換による親核の減少を考慮可能とした
・RI線源機能で光子線源から消滅γ線を除くオプションを導入

詳細は,コード変更履歴もしくはこちらのPDF資料をご参照ください。




2019/10/31: PHITS ver.3.17への更新パッチファイル公開
PHITS3.16にいくつか重要な不具合が見つかったため,急遽,PHITS version 3.17への更新用パッチファイルをリリースしました。
アップデートの対象となるのは,PHITS3.10(もしくはそれ以降のversin)をお持ちの方です。アップデートはインターネットを介して行い,その具体的な方法は,PHITSメーリングリストにてアナウンスいたします。
PHITS3.10以降をお持ちの方でメーリングリストにまだ登録していない方は,この機会に連絡・質問ページからご登録お願いいたします。

主な更新点は,EGS5 で[t-deposit] を使った場合に初期化されていない変数があり,場合によっては結果が極端に変になるバグを修正した点です
詳細な更新点に関しては,コード変更履歴をご参照ください。




2019/10/11: PHITS ver.3.16への更新パッチファイル公開
最新版PHITS (version 3.16)への更新用パッチファイルをリリースしました。
アップデートの対象となるのは,PHITS3.10(もしくはそれ以降のversin)をお持ちの方です。アップデートはインターネットを介して行い,その具体的な方法は,PHITSメーリングリストにてアナウンスいたします。
PHITS3.10以降をお持ちの方でメーリングリストにまだ登録していない方は,この機会に連絡・質問ページからご登録お願いいたします。

主な更新点は,DCHAINライブラリの更新と統計誤差出力機能の追加ですが,今回は,機能追加よりはバグ修正の側面が強い更新です。以下,その修正項目の一部です。
・EGSとLattice構造(ボクセルファントムなど)を組み合わせたときに電子挙動が不正確 (PHITS3.10~3.12で発生)
・EGSによるエネルギー付与計算でエネルギー保存が崩壊していた (PHITS3.13~3.14で発生)
・[t-track]のxyzとr-zメッシュで*_errファイルが出力されない (PHITS3.15でのみ発生)
・DCHAINがxyzメッシュのPHITS出力を正しく読み込めない (PHITS3.14~3.16で発生)

詳細な更新点に関しては,コード変更履歴をご参照ください。




2019/03/19: PHITS ver.3.10への更新パッチファイル公開
最新版PHITS (version 3.10)への更新用パッチファイルをリリースしました。
アップデートの対象となるのは,既にPHITS2.52(もしくはそれ以降のversin)をお持ちの方です。アップデートはインターネットを介して行い,その具体的な方法は,PHITSメーリングリストにてアナウンスいたします。
PHITS2.52以降をお持ちの方でメーリングリストにまだ登録していない方は,連絡・質問ページからご登録お願いいたします。まだPHITS2.24やPHITS2.30をお使いの方は,PHITS2.52リリースの時と同じく直接USBもしくはDVDで郵送しますので,PHITS事務局までご連絡下さい。

更新点に関しては,コード変更履歴もしくはこちら(pdfを開きます)ご参照ください。



2018/01/09: PHITSの最新(Ver.3.02)の文献公開
最新版PHITSの特徴を記載した論文がJNSTにOpenAccessとして公開されました。
PHITSコードを用いた論文を作成された場合, 利用したversionを明記の上,そのversionに関わらず以下の文献を参照してください。
Tatsuhiko Sato, Yosuke Iwamoto, Shintaro Hashimoto, Tatsuhiko Ogawa, Takuya Furuta, Shin-ichiro Abe, Takeshi Kai, Pi-En Tsai, Norihiro Matsuda, Hiroshi Iwase, Nobuhiro Shigyo, Lembit Sihver and Koji Niita
Features of Particle and Heavy Ion Transport code System (PHITS) version 3.02, J. Nucl. Sci. Technol., 2018,
https://doi.org/10.1080/00223131.2017.1419890
約5年前にリリースしたPHITS2.52の後に導入した新機能についてまとめています。 ぜひこちらをご一読ください!

論文等でPHITSコードの精度などに関して議論する際は、以下のベンチマーク計算に関する文献も参照してください。
Yosuke Iwamoto, Tatsuhiko Sato, Shintaro Hashimoto, Tatsuhiko Ogawa, Takuya Furuta, Shin-ichiro Abe, Takeshi Kai, Norihiro Matsuda, Ryuji Hosoyamada and Koji Niita
Benchmark study of the recent version of the PHITS code, J. Nucl. Sci. Technol. 54:5, (2017) 617-635.
オープンアクセス


2017/12/05: PHITS ver.3.02への更新パッチファイル公開)
最新版PHITS (version 3.02)への更新用パッチファイルをリリースしました。
アップデートの対象となるのは,既にPHITS2.52(もしくはそれ以降のversin)をお持ちの方です。基本的な計算機能はPHITS3.00とほぼ同等ですが,いくつか重要なバグが修正されていますので,既にPHITS3.00へ更新されている方もできればアップデートをお願いいたします。

アップデートはインターネットを介して行い,その具体的な方法は,PHITSメーリングリストにてアナウンスいたします。
PHITS2.52以降をお持ちの方でメーリングリストにまだ登録していない方は,連絡・質問ページからご登録お願いいたします。まだPHITS2.24やPHITS2.30をお使いの方は,PHITS2.52リリースの時と同じく直接USBもしくはDVDで郵送しますので,PHITS事務局までご連絡下さい。

更新点に関しては,マニュアル,もしくはコード変更履歴をご参照ください。



2017/10/05: PHITS ver.3.00への更新パッチファイル公開)
最新版PHITS (version 3.00)への更新用パッチファイルをリリースしました。
アップデートの対象となるのは,既にPHITS2.52(もしくはそれ以降のversin)をお持ちの方です。今年度の定期講習会で配布したVersion 2.96など,2.89から2.97までの間のversionをお持ちの方も更新が必要となります。

アップデートはインターネットを介して行い,その具体的な方法は,PHITSメーリングリストにてアナウンスいたします。
PHITS2.52以降をお持ちの方でメーリングリストにまだ登録していない方は,連絡・質問ページからご登録お願いいたします。まだPHITS2.24やPHITS2.30をお使いの方は,PHITS2.52リリースの時と同じく直接USBもしくはDVDで郵送しますので,PHITS事務局までご連絡下さい。

更新点に関しては,マニュアル,もしくはコード変更履歴をご参照ください。また,いくつか重要な更新点に関しては,こちらのPDF資料にまとめています。



以前の情報は、 こちら